くるみと私の毎日


by kuru-kurupon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

パンパンチー

くるみが今一番好きなキャラクターはアンパンマンです。
そして未だに『アンパンマン』と言えず『パンパンチー』と言います。
スーパーとか行ってアンパンマンのお菓子とか見つけると『あ!パンパンチーパンパンチー!!』と大興奮。
この前初めてアンパンマンのテレビを見せたらものすごい興奮していた。
きっとアンパンマンが動いたりしゃべったりしてるのが衝撃的だったんだろう。

なので、とうとう行ってきました!アンパンマンミュージアム!
もう前の日からパパと「くるみ喜ぶだろうね~♪」と楽しみにしていました。
それなのに着いた瞬間いきなり抱っこマンに変身。
くるみは基本的に場所見知りしないのに、遊園地とか動物園とかテーマパークに行くと何故か場所見知りする。
常に抱っこ抱っこでものすごい機嫌が悪い。
今回は大好きなアンパンマンだからそれはないと思ってたのに・・・
がっかりです・・・。
そんな感じなのでアンパンマンを見ても全然喜んでなかった。むしろ怖がってた。
平日なのに混んでるし、暑いし、機嫌悪いし、とっても微妙な初アンパンマンミュージアムになってしまいました。

しかも、カメラを持っていくのを忘れた。(写真嫌いな私はカメラを持ち歩く習慣がない)
さすがに写真ナシはきついので行きのコンビニで使い捨てカメラを買った。
使い捨てカメラって・・・・・・どうなの??
どうしてもデジカメ風にカメラと顔を離して撮ってしまう・・・。
しかも今時使い捨てカメラ使ってる人なんて誰もいなかったし、知らない人に写真を頼むのもちょっと恥ずかしかった。
そんなグダグダな感じで早めに退散。
あと1年後くらいにもう一度行ってみよう。
その頃はきっとくるみもテーマパークの楽しさに気づくはず。

あ、あとその日の夜『バブルへGO!』を観ました。
すっごくおもしろかった~♪
阿部寛もいい演技だったし、広末涼子も可愛かったし、なによりバブル時代を忠実に再現されてるのがおもしろかった。
もともと話しの内容にはあまり興味はなく、バブル時代に興味深々な私はこの映画は観たい!と前から思ってました。
でも、内容もくだらなくておもしろかった♪
懐かしい場面もいっぱいあったし。

バブル時代、私は小学生で、大人になって就職活動してる頃には就職氷河期と言われるほど不景気になっていた。
バブルの波に乗れなっかった世代です。
子供の頃バブルの大人社会にものすごい憧れを抱いていた。
大人になったら大手企業でコピーとお茶くみOLをして、トレンディードラマに出てくるようなマンションに住んで、夜は六本木でセンス持って踊って、アッシーくんメッシーくんミツグくんがいてって・・・
そうなるものだと思っていた。てゆうか今思うとなんてすさんだ夢の小学生なんだろう・・・
でもそうゆう時代でしたよね。
だけど現実は大違い。地味~に仕事して地味~な私生活を送ってましたよ(笑)

とにかくバブル時代に強い憧れを抱いていた私にとってはものすごいおもしろい映画でした♪
[PR]
by kuru-kurupon | 2007-09-06 01:33